検索
  • A-SHA Mai Yamane

Wake Up Call

不謹慎にきこえるかもしれないけど、

そんな気持ちになるような揺れだった。

私はその時、めずらしく隣の町にいて。


長〜い停電。


外に出ると降るような星たちの煌めき。

普段は一晩中あかりのある街だから、こんな夜空は見えないはず。


私はなんだか全く動揺しなかった。

人の”気持ち”の層が噴火してるのを俯瞰で見ているような感覚。

これって、人間の胸の奥にあるトーチみたいなものがこれから止めようもなく共鳴し始める、その合図みたいだなと思いながら、信号機の止まった街を歩いた。




明けて今朝の富士。


「この世は想念の束でできている。」ラマナ・マハリシ



0件のコメント

最新記事

すべて表示